マイページログイン

Q-ロックエレメント-FAQ

Q-ロックエレメント



1.Q-ロックエレメントのレイアウトは?

こちらをご参照下さい。 続きはこちら

2.ピンとブッシュの取付穴のピッチ精度は?

ベースプレート側のピン穴ピッチと治具プレートのブッシュ穴ピッチの寸法差は0.01以内で加工して下さい。もしくは、ブッシュの取付穴寸法をピッチ誤差">... 続きはこちら

3.ラフガイドピンの取付精度は?

ベースプレート側(相手側)の穴径はラフガイドピン寸法「カタログA寸法」の大きさに対して、1~2㎜大きい穴を加工して使用して下さい。

4.社内で組付けを行っても繰り返し精度3μm以内はできますか?

決められた穴精度、穴間ピッチ等の精度等を守って頂ければ可能です。又ピン位置に合わせブッシュを現合合わせすることも可能です。

5.推奨操作トルクは?

カタログの値が推奨値です。最大もこの値のため、これ以上のトルクは掛けないようお願いします。
... 続きはこちら

6.ロケート(ダイヤ)ピンとクランプピンの締付力は異なりますか?

ロケート(ダイヤ)ピンは位置決め+クランプ、クランプピンはクランプ用の機能の違いだけで、締付力は同じです。

7.耐久性は?

手動式は正常な使用方法で、1万回です。油圧、エアー式は正常な使用方法で100万回です。但し、内部の締付ボルト、クサビ、鋼球は、消耗品のため、定期">... 続きはこちら

8.ピンにブッシュを取り付ける際にピンをぶつけてしまいました。正常かどうかの確認事項は?

目視で打痕傷の確認をして下さい。特に基準となる、テーパー部と、着座面に、傷がある場合は、そのまま使用できませんので、修理または交換をお願いします。

9.ブッシュを被せないでクランプ操作をしてしまい鋼球が噛み込んでしまった。(空打ちをしてしまった)対処方法は?

アンクランプ状態にしてプラスチックハンマーや木槌で鋼球を中に押し戻すように軽く叩いて下さい。

10.油圧式とリフトシリンダー使用時の最少ポート数は?

1ポートになります。但し、着座確認、エア―ブロー使用時に応じてポート数を増やして下さい。

11.空圧式、油圧式には着座確認及びエアーブロー配管が有りますが対応は十分ですか?

Q-ロックエレメント自体には着座確認ポート・エアーブロー用ポートは付いております。ただ、これ自体で全てのお客様に対応が十分とはお答えは出来ませ">... 続きはこちら

カテゴリから探す
閲覧履歴
お求めの情報はございましたか

このページの先頭へ