マイページログイン

用語集一覧

用語集インデックス

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行A~FG~LM~RS~Z

か行

火炎焼入 | 角胴型バイス | 加速度の単位/m/s2/Gal(ガル)/G(ジー) | 慣性モーメント(イナーシャ) | 管用ネジ | キー | 機械損失係数 | 機械的性質 | きさげ加工 | 基準穴 | 逆止弁 | 共振/共振周波数 | 強制振動 | 許容荷重/適正荷重 | クサビクランプ | クラッキング圧 | 黒染め | 繰り返し位置決め精度 | 高周波焼入 | 固有振動/固有振動数

火炎焼入

表面焼入れ方法の1つで、ガスバーナーの炎で素材表面硬度を向上させる熱処理方法です。

角胴型バイス

角胴型バイスは可動体は角柱、本体は四角穴になっており、丸胴型バイスと比較して口開が広くなっているのが特長です。

加速度の単位/m/s2/Gal(ガル)/G(ジー)

加速度の単位にはm/s2 ,Gal,Gが用いられます。それぞれの関係は以下のようになります。 1[m/s2]=100[Gal] 1[Gal]=0.01[m/s2]=1[cm/s2] 1[G]=9.80665[m/s2]=980.665[Gal]

慣性モーメント(イナーシャ)

物体がその時の状態を維持しようとする大きさを示す物理量。回転の難易さを表わし、この値が大きいほど、加減速時に大きなエネルギーが必要になります。

管用ネジ

ねじ山の断面形状が55°になっているネジ。主に管(流体)の接続に用いられ、ねじ山の形状、目的によって平行ネジと、テーパーネジがあります。

キー

溝に使用する位置決めブロックです。

機械損失係数

機械的動作によって損失するエネルギーを表す数値です。

機械的性質

材料が持つ、引張強さ・圧縮強さ・せん断強さなどの性質。

きさげ加工

工作機械による加工面に対してさらに高い精度の仕上げ面を得るために行われる手作業を言います。加工された面は油だまりになり、リンキング(密着)作用を低減させます。

基準穴

治具やワークの位置決め用の穴のこと。治具への使用の場合、T溝と比べて自由度は劣りますが、再現性に優れています。

逆止弁

気体や液体の配管内で逆流を防ぐバルブ。

共振/共振周波数

ある物体が固有振動数と同じ周波数で繰り返す加振力を受けると物体が大きく振動する共振という状態になります。この共振の発生する周波数が共振周波数です。 除振、防振製品を使った場合にも共振周波数が存在し、共振周波数付近では振動が増幅するのでご注意ください。 ナベヤ除振・防振製品カタログの振動伝達率のグラフからは、次のように読みとることができます。 <読み方> 0dBを超えた部分の周波数帯(約1~19Hz)です。 なお、このグラフは搭載荷重により変化します。

強制振動

周期的な外力が与えられることにより、強制的に引き起こされる振動です。

許容荷重/適正荷重

ナベヤ除振・防振製品は、搭載される機器や装置の重量が、許容荷重あるいは適正荷重の範囲より、重すぎても軽すぎても性能を発揮できません。 搭載する機器や装置の重量が、許容荷重あるいは適正荷重となるように製品をお選びください。

クサビクランプ

傾斜面とワーク面の間にクサビをくい込ませていくことにより発生する力を利用したクランプ。垂直・水平方向に発生する力により、ワークの浮き上がり防止に効果的です。

クラッキング圧

リリーフ弁逆止弁(チェックバルブ)内で圧力が上昇して、弁が開き始めて一定の量が排出される圧力。

黒染め

素材の表面に四三酸化鉄の被膜を施す表面処理方法です。

繰り返し位置決め精度

あるものを任意の場所に同じ位置決め操作をさせた場合の位置ズレ量を測定した値を言います。

高周波焼入

表面焼入れ方法の1つで、交流電流に接続されたコイルを使用して素材を急速加熱、冷却を行う熱処理方法です。

固有振動/固有振動数

ある物体に振動を与え、放置しておくとその物体固有の繰り返しで振動(自由振動)します。この振動を固有振動といい、その振動数を固有振動数と言います。振動数は単位時間当たりの振動の回数です。例えば、ある物体が固有振動で振動しているとき1秒間に3回振動した場合の固有振動数は3Hzです。

サポートサービス
閲覧履歴
お求めの情報はございましたか

このページの先頭へ