マイページログイン

ロックタイトダブルクランプバイス

E-9675

特長
■出荷時はダブルクランプタイプです。
■2個のワークを同時に素早くクランプできます。
■2個のサイズの異なるワークも同時にクランプ可能です。
■ロックタイト浮上防止機能により、締付時のワークの浮上がりを抑えます。
■標準付属の部品の組替えにより、両締めバイスとなります
■本体はダクタイル鋳鉄(FCD600)製で、摺動面に火炎焼入(HRC45)が施してあります。

[付属品]
標準ガイドブロック(2個1組)適合溝巾18mm ・・・ 1組
ハンドル・・ 1本
シングルクランプタイプ用組替え部品・・ 1式

※口開の()寸法は、シングルクランプタイプとして使用時。

仕様/価格

オーダーNo. No. 口巾 口開 口深 標準ガイド
ブロック巾
締付力
kN
質量
kg
価格 寸法図 製品
BOX
CAD 在庫
設定
在庫
状況
956973 LTM100WL 101 70.5(189) 32 18 15 17 304,000 確認 追加 DATA 在庫 在庫〇
958038 LTM150WL 151 103(259) 44.2 18 20 41 444,000 確認 追加 DATA 在庫 在庫〇

使用例・使用説明

口開きの増大

口金位置の取替えにより、大きな口開きが得られます。

◆口金の取替位置による口開き

 
LTM100WL 0~ 70.5 97~167.5 131~201.5 242~383
LTM150WL 0~103 130~231 169~270 312~518

 

 ◆口金の取替方法

精度規格(静的精度)

■静的精度

検査事項(100mmにつき)規格 旧JIS規格(0級) ナベヤ規格
1 本体底面と口金スベリ面との平行度 0.015 0.010
2 口金と口金スベリ面との直角度 0.030 0.025
3 本体底面のガイドブロックと口金くわえ面の直角度 0.015 0.020
4 本体底面のガイドブロックと口金くわえ面の平行度 0.015 0.020
5 両固定口金の平行度 - 0.020

■締付精度

検査事項(100mmにつき)規格 旧JIS規格(0級) ナベヤ規格
6 締付けたテストブロックの上面と本体底面との平行度 0.020 0.010
10 締付けたときのテストブロックの上面の浮き上がり 0.030 0.015

分解構造図


シングルクランプ時は固定アゴは使用しません。

2個のサイズの異なるワークをクランプする場合

左右の可動体は任意の位置を中心に対称に開閉します。ホールドボルトを緩めるとスピンドルが移動できるようになります。
よって、ハンドルを右側とすると左右の可動体の中心をLTM100WLの場合、左に13mm、右に33mm移動させることができます。
2つのワークの最大差は図の通りです。
ワークをセットし、仮締めの状態でホールドボルトを締め、スピンドルを固定してください。

  移動代 A<B A>B
A B A B
LTM100WL 33 13 4.5 70.5 70.5 44.5
LTM150WL 36 34 31 103 103 33

 

2つの同じサイズのワークをクランプしているとき

A<Bのとき

A>Bのとき

閲覧履歴
お求めの情報はございましたか

このページの先頭へ