マイページログイン

治具ベース

ベースエレメント

補助ベース


治具選定のポイント

治具ベースの選定

「治具ベース」とは主にイケール(ツーリングブロック)・サブテーブルのことを指し、様々な形状・サイズのものがあります。ここでは、それらを選定するためのポイントをご紹介します。

機械仕様から選定する

工作機械の仕様に合わせて治具ベースを選定する方法です。
機械仕様から選定する場合にポイントとなるのは「主軸(スピンドル)」「テーブルサイズ」「積載重量」の3点です。どの選定方法でもベースエレメント・ワーク・治具の組合せを考慮した選定が必要です。

1. 主軸(スピンドル)方向から選定する

主軸の方向により、ベースエレメントの機種が異なります。
横形であれば4面イケール・2面イケール・1面イケール・パレットテーブル、立形であればサブテーブル(補助テーブル)になります。

横形:4面イケール・2面イケール・1面イケール・パレットテーブル、立形:サブテーブル(補助テーブル)

2. テーブルサイズから選定する

機械テーブルと同サイズのベースエレメントを選定するのが一般的です。
横形マシニングセンタでは、JIS規格(JIS B 6337)にてテーブル仕様が規定されています。ベースエレメントは、このJIS規格に基づき、取付穴・位置決めが設計されています。
立形機械用は、取付方法・油溝などを考慮する必要があります。

機械テーブルに合せ取付穴を設定。

取付クランプを使用する場合、クランプのスペースが必要です。

油溝を考慮したサイズの選定が必要です。

干渉・積載重量などに考慮し、オーバーハングさせる方法もあります。テーブル使用面を拡大することができます。

3. 積載重量から選定する

機械テーブル上の積載重量制限内で、ベースエレメントおよび治具を設定する必要があります。

積載重量=ベースエレメント+クランプ・位置決め治具+ワーク

4. その他の条件から選定する

特に横形マシニングセンタでは、ベースエレメントの高さにより、スプラッシュガードへの干渉が発生します。また、旋回などによる干渉エリアの規定があります。
ベースエレメント・ワーク・治具の組合せを考慮した選定が必要です。

スプラッシュガードへの干渉の例
旋回許容範囲と高さ制限の例

生産方法及びワークから選定する

特に横形マシニングセンタでは、ワークサイズ・ワーク種類・工程数・生産数などにより、ベースエレメントの選定がかわります。

4面イケール
2面イケール
1面イケール
プレート取換タイプのイケール
十字タイプの4面イケール
両面加工用イケール

セルフカッティング(セルフカット)について

多面イケールのほとんどは、セルフカット仕様となっております。セルフカットにより、ご使用機械に合った精度に仕上がります。

いかなる工作物でも厳密には、誤差ゼロではありません。ご使用機械も同様に許容範囲内での誤差があります。

ご使用機械の誤差・ベースエレメントの誤差・位置決め等の治具の誤差が重なれば、大きな誤差が生じる可能性があります。

ご使用機械でセルフカットを行なえば機械と合った精度に仕上がります。

使用面の機能

ベースエレメントの使用面に施してあります溝・穴は、主に次の機能があります。

T溝

T溝は穴とくらべ、自由度がありますが、再現性は劣ります。

位置決め・締結
ガイドブロックなどを使用した位置決め / Tスロットナットを使用し、締結

基準穴

基準穴はT溝とくらべ、再現性に優れていますが、自由度は劣ります。

位置決め・締結
ピンなどによる位置決め / ボルトでの締結 / 特殊位置決めボルト(ショルダーボルト)による位置決めと締結

タップ穴

タップ穴は位置決めができません。

締結
ボルトでの締結

U溝

U溝は締結ができません。

位置決め
ガイドブロックなどを使用した位置決め

その他 治具ベースの使用例

E-9228 MJイケール S型
E-9228 MJイケール H型
E-9228 MJイケール P型
E-9618 ストップブラケット
E-9118 精密アングルプレート A型
E-9118 精密アングルプレート B型
E-9126M ボックスパラレル
E-9626 Tスロットロングブロック
E-9158 治具用パラレル
E-9604 フラットベースプレート
E-9600 鋼製プレート

活用事例

マイクロスコープのモニター画像がぶれる。
マイクロスコープのモニター画像がぶれる。|改善事例| 【障害事例】 マイクロスコープのモニター画像が...

摩擦測定器の検査データが安定しない。
摩擦測定器の検査データが安定しない。|改善事例| 【障害事例】 プレス機の稼働中に摩擦測定器の検査デ...

ダイヤルゲージの針が振れて、段取り換えに時間がかかる
ダイヤルゲージの針が振れて、段取り換えに時間がかかる|改善事例| 【障害事例】 ワイヤカット機の段取...

床の振動レベルが導入する精密装置の振動基準値を超えている。床の工事は行いたくない。
床の振動レベルが導入する精密装置の振動基準値を超えている。床の工事は行いたくない。|改善事例| 【障害...

仕上げ加工面に筋が入る
仕上げ加工面に筋が入る|改善事例| 【障害事例】 NC旋盤で加工したワークの仕上げ面に筋状の傷が残る不...
サポートサービス
閲覧履歴
お求めの情報はございましたか

このページの先頭へ