マイページログイン

クランピングパーツ


治具選定のポイント

クランプ部品の選定

クランプ部品には単独でクランプが可能な複数の部品から構成されている「クランプユニット」と、機能ごとの最小部品で構成されている「クランピングパーツ」の2種類があります。
ここではクランピングパーツを選定するポイントをご紹介します。

クランピングパーツの選定

クランピングパーツとは、”締付け具”の構成が可能な最小単位の部品です。組合せが自由でワークに対する本締め機能以外にも補助締め(仮押し)、ガイド部品の幅広い用途に使用できる部品です。

クランピングパーツの選定

1.ナット

ねじ部の締付け、又は送り用に使用されます。
状況に合わせて選定してください。

ナット

2.ワッシャ

締付け面に対する保護のほか、スプリングなどの傾き防止にも使用されます。

ワッシャ

3.クランプバーとアタッチメント

ワークを押え込む部分の形状は多種多様です。
形状にあったクランプバー又は、それに必要なアタッチメントを選定することによりクランプの範囲Gが広がります。

クランプバーとアタッチメント
クランプバーとアタッチメント

アタッチメントは面形状の他に面粗さによっても選定が必要です。
仕上面であれば、軟質材、または研削されたアタッチメントが利用できます。黒皮面などは、すべりにくい形状のアタッチメントの選定が必要です。

クランプバーとアタッチメント

一般的にクランプは、ジャッキやステップブロックなどの調整ができるもので、荷重に適合するサポートを使用します。

クランプバーとアタッチメント
クランプバーとアタッチメント
クランプバーとアタッチメント

また、サポート用のネジ穴があるクランプバー、サポートとの一体型( レッグクランプ) も用途に合わせてお選びいただけます。

クランプバーとアタッチメント
クランプバーとアタッチメント

4.ジャッキ

ワークの高さとクランプ力により発生する荷重を考慮して、ジャッキを選定する必要があります。

ジャッキ ポイントジャッキ アルミスクリュージャッキ ジグサポートジャッキ ステップブロック ボールポイントジャッキ センタージャッキ ハイトセッティングジャッキ スクリュージャッキ クランプサポートスクリュージャッキ アルミベースジャッキ マグネットジャッキ ワークサポートジャッキ アトラススクリュージャッキ ヘビータイプスクリュージャッキ

※耐荷重、受け高さの数値は参考値です。詳細な数値は各製品ページを参照ください。

5.スクリュー

使用目的により様々な使い方が可能です。

スクリュー
ワーク変形に対するトルク管理ができます。
スクリュー
ワークの仮押えが容易にできます。
スクリュー
クランプバーの受けとして利用できます。
スクリュー
斜面の浮上り防止に利用できます。
スクリュー
ネジ押えと保護ができます。
スクリュー
ワークのストッパーとして使えます。

6.ワークサポート

薄物ワークなどを加工する場合、加工条件によって、ワークに振動(ビビリ)が生じる場合があります。加工を続けた際、仕上面の精度不良、あるいは刃物が損傷する恐れがあります。
この場合、振動を防止できる場所にエレメントを配置する必要があります。振動を防止するには、発生場所をサポートする必要があり、主に調整機能を持ったエレメントを使用します。

ワークサポート

ジャッキなどでも代用できますが、ワークの設置後、調整によっては、ワークの歪み・位置決めの精度の低下を招く恐れもあります。

ワークサポート
ワークサポート

確実にサポートするエレメントとして、スプリング式があります。
この方法は、スプリングのストロークと力でワークと密着させ、その状態でロックすることにより安定したサポートができます。

ワークサポート
ワークの自重でスプリングを押し下げます。この状態でワークとピローブロックは、スプリングの力でワークと密着しており、ロックにより確実にサポートできます。
ワークサポート
ワークの奥をサポートしたり、遠隔操作でサポートを行いたい場合は、サポーティングブロックを用いると便利です。

活用事例

マイクロスコープのモニター画像がぶれる。
マイクロスコープのモニター画像がぶれる。|改善事例| 【障害事例】 マイクロスコープのモニター画像が...

摩擦測定器の検査データが安定しない。
摩擦測定器の検査データが安定しない。|改善事例| 【障害事例】 プレス機の稼働中に摩擦測定器の検査デ...

ダイヤルゲージの針が振れて、段取り換えに時間がかかる
ダイヤルゲージの針が振れて、段取り換えに時間がかかる|改善事例| 【障害事例】 ワイヤカット機の段取...

床の振動レベルが導入する精密装置の振動基準値を超えている。床の工事は行いたくない。
床の振動レベルが導入する精密装置の振動基準値を超えている。床の工事は行いたくない。|改善事例| 【障害...

仕上げ加工面に筋が入る
仕上げ加工面に筋が入る|改善事例| 【障害事例】 NC旋盤で加工したワークの仕上げ面に筋状の傷が残る不...
サポートサービス
閲覧履歴
お求めの情報はございましたか

このページの先頭へ