マイページログイン

作業工具

横バイス

バイスを選ぶ8つのポイント

1.どんな物を挟むか?(どんなタイプが合うか。)
2.大きさはよいか?(口巾、口開きは、口深さは。)
3.締付力はあるか?(作業に応じて工作物が固定できるか。)
4.作業に最適か?(丸棒を挟む、ガンガン叩き作業をするような場には、ダクタイルバイスが最適です。)
5.バイスの材質は何か?(必要な締付力にも破損しなうか。)
6.ハンドルは大丈夫か?(止め玉は抜け落ちないか。)
7.精度はよいか?(紙、薄板、小径丸棒が挟めるか。)
8.部品は交換できるか?(口金、雄ねじ、その他部品が消耗した時交換できるか。)

リード型バイスの特長

クランプ

バイス型は、ベースとクランプが一体となっており、固定(受け)側に直角あるいは角度の調整機能を有し、クランプ物のアングルが素早く出せ、クランプできます。
C型は、コンパクトで口深さの大きなタイプもあります。

諸工具

●ジャッキ  建築現場での強力作業に最適な建築ジャッキと屋外の荒作業に適したハンドル付の豆ジャッキがあります。

●ウインチ  能力100kgの軽作業から、500kg以上の能力の強力作業用、また、ローププーラーなど様々な用途に向くタイプがあります。

●アンビル  強力作業に最適で天面焼入品の鋳鋼アンビルをはじめ、DIYなど軽作業向きのホビーアンビルなど用途に合せて選んでいただけます。

●工具類  ガラスドリル・パイプカッターなどの切削工具をはじめ、六角棒レンチなどの締付工具があります。

ジャッキの耐荷重について

強力作業用ジャッキの耐荷重については、揚量(操作荷重)と耐荷重の2通りの荷重を表示しました。
揚量(操作荷重)とは、その荷重を与えた状態で操作可能な荷重の最大値であり、耐荷重とは、操作後、最大に支えることが可能な荷重です。
揚量を超え操作されたり、ジャッキの傾き、複数のジャッキ使用時の荷重条件などにより、ネジ部の破損などや作業者への危険を及ぼしますので注意が必要です。

横バイス

重作業用 金工向け 丸胴型
 

 

角銅型
   
  木工向け    
     
軽作業用      
       
アクセサリー    
   


クランプ

バイス型
C型


諸工具

ジャッキ ウインチ類 アンビル類 工具類 ツール保管

活用事例

マイクロスコープのモニター画像がぶれる。
マイクロスコープのモニター画像がぶれる。|改善事例| 【障害事例】 マイクロスコープのモニター画像が...

摩擦測定器の検査データが安定しない。
摩擦測定器の検査データが安定しない。|改善事例| 【障害事例】 プレス機の稼働中に摩擦測定器の検査デ...

ダイヤルゲージの針が振れて、段取り換えに時間がかかる
ダイヤルゲージの針が振れて、段取り換えに時間がかかる|改善事例| 【障害事例】 ワイヤカット機の段取...

床の振動レベルが導入する精密装置の振動基準値を超えている。床の工事は行いたくない。
床の振動レベルが導入する精密装置の振動基準値を超えている。床の工事は行いたくない。|改善事例| 【障害...

仕上げ加工面に筋が入る
仕上げ加工面に筋が入る|改善事例| 【障害事例】 NC旋盤で加工したワークの仕上げ面に筋状の傷が残る不...

FAQ

サポートサービス
閲覧履歴
お求めの情報はございましたか

このページの先頭へ