マイページログイン

設備

鋳物

City Factoryを目指して


DISAMATIC鋳造ライン

母材である鋳鉄は、材質管理に最重点を置いて製造しております。

当社では、より高いグレードの鋳鉄生産の為、発光分光分析装置により、鋳鉄の重要元素(C、Si、Mn、P、S、Mgなど)を即時分析し、より一層の材質管理の為、溶解、分析のシステム化を図り、コンピュータにて溶解管理を行なっております。


高周波誘導電気炉


アムスラー万能試験機


画像処理測定機


City Factoryを目指して月産500ton

治具 80ton バイス 70ton 定盤 80ton
工作機械鋳物 30ton 素形材 200ton その他 50ton

鋳造関係主要設備

溶解設備 造詣設備
高周波電気誘導炉1TON……2基
高周波電気誘導炉0.5TON……1基
発光分光分析装置……1台
CEメーター……1台
溶湯分析システム「ATAS」……1式
生型造型(DISAMATIC)ライン………1式
自硬性造型(フラン)ライン…………1式
仕上げ設備 熱処理設備
ショットブラスト……………2基 焼鈍炉……………1基
検査設備
アムスラー万能試験機……1台
ブリネル硬さ試験機……1台
ショア硬度計……1台
シャルピー衝撃試験機……1台
ロックウェル硬さ試験機……1台
マイクロビッカース硬さ試験機……1台
画像処理測定機 ViViD9i……1式

加工設備(特徴)

テクノロジーとエキスパートの融合

テクノロジーを発展させ、エキスパートを育てる空間をここに誕生させました。
21世紀を目指した、ミディアムサイズ製品の生産拠点は、CIMの導入をトリガーとして 、製販一体の生産工場に欠かせない情報システムと 、高精度な製品造りに培われたノウハウの融合により育成されます。
それが糸貫FA工場ベースです。


FA工場の特徴

仕掛かり在庫の大幅削減 NC加工の完全無人化
コンピュータによる作業指示と、指示に同期した素材/部品の自動供給機能により、作業現場の仕掛り在庫を大幅に削減します。 コンピュータによる作業指示と自動倉庫機能の連係により、NC加工の段取り時間を大幅に短縮します。
リードタイム短縮 NC加工の段取り時間を大幅短縮
適確な資材調達と中間仕掛かりの消滅などによりリードタイムを大幅に短縮します。 作業者への作業指示、進捗状況表示・作業者による作業選択・実績入力に、簡単な操作で行なえるFAターミナルを採用しています。
リアルタイムな進捗管理 FAターミナルで簡単な操作
各作業場の作業推移状況及び仕掛り状況を、リアルタイムに把握します。同時にネットワークを通してホストコンピュータへ報告します。 作業者への作業指示、進捗状況表示・作業者による作業選択・実績入力に、簡単な操作で行なえるFAターミナルを採用しています。
フレキシブルに選択できる操業モード 適確な資材発注
システムモード(コンピュータによる作業指示)とローカルモード(作業者による作業選択)のフレキシブルな使い分けができます。 各作業場の仕掛り状況、自動倉庫内の在庫状況を即時に把握します。これからの情報に基づいて、適確で時期を得た資材の発注が行なえます。

加工設備(設備)

FA工場の設備

FMCライン

					縦型・横型マシニングセンターと洗浄機により構成されています。
					エリア管理コンピュータにより制御され48時間完全無人運転に対応しています。
					また密閉度の高いスプラッシュガードとインテリジェントミストコレクターは人に優しい環境を維持続けます。
					
					横型マシニングセンター4台
					縦型マシニングセンター1台
					ワーク洗浄機1台
					インテリジェントダストコレクタ16台
					リングコンベア2台
					

精密加工セクション

					高精度治具部品の仕上げ加工を行なうセクションです。
					
					ジグボーラー1台
					NC円筒研削盤1台
					円筒研削盤1台
					NC内面研削盤1台
					

治具イケール加工セクション

					高精度マシニングセンタにより、精度の高い治具イケールを加工するセクションです。
					
					横形マシニングセンタ5台
					CNCジグボーラー1台
					

小物部品加工セクション

					精密マシンバイスの部品の荒加工、治具部品の加工をすばやく、フレキシブルに行なうセクションです。
					
					NCフライス2台
					両頭フライス1台
					ロータリー研削盤1台
					立形マシニングセンタ1台
					ワイヤーカット1台
					NC旋盤2台旋盤1台
					

研削セクション

					省人化・合理化の難しいセクションですが、NC付研削盤の導入により解決をはかっています。
					高精度の要ともいえるこのセクションで多くの部品が、作り込まれています。
					
					大型CNC平面研削盤3台
					中型CNC平面研削盤8台
					

NCラック&ジグ

					48時間の無人加工は、約294棚のNCラック&ジグによりサポートされます。
					必要とされるジグ数は、600種以上ですが、半数以上のジグは、高精度組立式ジグシステムモジュラー&ブロックビルドシステムにより構成され、計画による組付けてラインに供給します。
					
					自動倉庫1台
					高速ストッカークレーン2台
					

段取りセクション

					生産計画にもとづき作業者は 指定された治具にワークを取付取外しを行ないます。
					
					段取りステーション4台
					反転式段取りステーション4台
					

三次元測定ルーム

					ミクロンの精度保証には欠かせない測定機を、最も適した環境下で使用しています。
					高精度組立式ジグエレメントはここでチェックされます。
					CNCとオートプローブチェンジャーの採用により、セッティングのあとは、計測とデーター処理を自動で行なってくれます。
					
					三次元測定機2台
					真円度測定機1台
					

塗装ルーム

					部品のお化粧がこのラインで行われます。作業環境の向上のための空調にも工夫が施されています。
					
					塗装ライン1台
					

このページの先頭へ